杏雲ビル歯科 Kyoun Building Dental Office 御茶ノ水駅より徒歩2分!平日19:00まで診療

当院について ABOUT

当院について ABOUT

杏雲ビル歯科

TEL 03-3292-3777 日曜・祝祭日は休診日

平日 9:30~13:00 14:00~19:00
土曜 9:30~13:00 14:00~18:00
新患・急患随時受付/日曜・祝祭日は休診日



ACCESS

詳細ページへ

杏雲ビル歯科

当院の滅菌について
STERILIZATION

杏雲ビル歯科では、滅菌レベルの高い、清潔で安心安全な治療を受けていただくことは、正しい診断に基づいた適切な治療を受けていただくことと同じくらいに、患者さんにとって重要なことと考えています。

当院では、患者さんのお口に入る治療器具の滅菌に力を入れて取り組んでおり、院内感染対策に尽力しておりますので、安心してご来院ください。


使い捨てが可能なものは積極的に診療に取り入れ、歯科治療特有の歯を削るために使用するハンドピースなどの器具類は、一つひとつ滅菌パックに入れて専用の滅菌器で滅菌を行うようにしています。滅菌済みの滅菌パックは、治療時に必要時に初めて開封し、使い回しが起こらないようにしています。また、診療室では口腔外バキュームを設置して、歯や補綴物の削りかすの飛散防止をはかっています。

可能な限り使い捨てを使用

当院では、診療に使用する道具において使い捨てできるもの(ディスポーザブル)を積極的に採用しています。
例えば、紙コップ、紙エプロン、ドクターのゴム手袋などです。患者さんが気持ちよく安心して治療を受けられる環境作りを常に追い求めています。患者様ごとに取り替えることは、医療機関として当たり前のことだと私たちは考えます。

オートクレーブ滅菌器の使用

使い捨てにできないピンセットなどの金属器具は、器具洗浄とオートクレーブという医療用の滅菌器を使用して消毒滅菌します。
徹底した器具洗浄の後に、オートクレーブと呼ばれる滅菌器にて、121度、2気圧という高温・高圧の水蒸気で器具を加熱することにより、ありとあらゆる微生物、ウィルスを死滅させます。
この洗浄滅菌工程を経ることで、金属器具類は高い滅菌状態をキープした状態で患者さんの治療に使用されていきます。

歯を削るハンドピースの滅菌

むし歯の治療などで使用する歯を削るドリルを回転させる「ハンドピース」は、歯科治療において必要不可欠な道具です。空気圧によって歯を削るドリルを回転させ、同時に水を噴射する機械です。
回転停止時には唾液や血液を内部に吸い込む可能性があり、どんなに外側だけ消毒しても汚染のリスクは避けられません。その為、ハンドピース内部の滅菌が不可欠です。
当院では、1日の多くの患者さんが来院されていますが、滅菌工程にはそれ相応の時間を要するため、患者数に対応できるだけのハンドピースの本数を用意しております。1日に複数回にハンドピースの滅菌作業を行い、ハンドピースを1本ずつ袋詰めして保管しています。
ハンドピースが必要な治療場面で、初めて治療台にて開封して院内感染予防を徹底しています。

歯を削るドリルの滅菌

ハンドピースの先端に装着して使用する歯を削るドリルに関しても、患者さんごとにドリルのセットごと毎回交換して治療にあたっています。虫歯の除去、被せ物を作るための歯質の切削には、少なからず出血を伴い、ドリルの細かい溝などに血液や軟組織が入り込んでしまいます。
適切に消毒滅菌を行い、ハンドピース同様に、ドリルが必要な治療時に初めて治療台に持ってくるようにして、必要がない時には適切な場所で清潔に保管しています。

PAGETOP